NSメディカル・ヘルスケアサービス

慢性腎臓病

慢性腎臓病とは?

最近、慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)が注目されています。

次の2つ(片方もしくは両方)が3ヶ月以上続くときにCKDと診断されます。
  1. 腎臓の働きが正常より少し悪い状態
  2. 腎機能が正常でも蛋白尿が出ている状態
CKDは、そのまま放置すれば;
  1. 徐々に腎臓の機能が悪くなり、人工透析や腎臓移植が必要となる末期腎不全に至ります
  2. 心筋梗塞や脳梗塞などの心血管疾患の危険性も高めます
したがって、CKDを早く見つけて、早く治療することは;
  1. 腎臓を守るだけでなく、
  2. 心臓や脳を守ることにつながります

診断方法は?

次の2つのいずれか、もしくは両方が3カ月以上持続するとき、CKDと診断されます。

腎臓の働きが正常より少し悪い状態

診断方法
糸球体ろ過量(GFR)を計算する
正常値<60(mL/分/1.73m2
計算式
○GFR(男)=194×Cr(血清クレアチン値)^-1.094×年齢^-0.287
○GFR(女)=GFR(男)×0.739

下記ネット内右側中段で、血液中のクレアチニン値と年齢を入力して性別を選ぶと、自動的にeGFRを計算することができます。
【参考】 腎臓ネット http://www.jinzou.net/

腎機能が正常でも蛋白尿が出ている状態

健康診断で 尿蛋白や微量アルブミン尿などの尿異常が見られる

微量アルブミン尿検査
一般の尿蛋白検査では陰性となるような微量な蛋白(アルブミン)を検出します。微量アルブミン尿は血管内皮機能障害と関連し、心血管疾患の危険因子とされます。

CKDの危険因子は?

  1. 加齢
  2. 生活習慣病
    *高血圧
    *糖尿病(耐糖能異常も含む)
    *肥満
    *メタボリックシンドローム
    *脂質異常症
  3. タバコ

腎臓を守るためには?

  1. 血圧のコントロール 130/80mmHg未満
    降圧剤はACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)、ARB(アンジオテンシン2受容体拮抗薬)が第一選択となります
  2. 血糖コントロール HbA1c 6.5%未満
  3. 塩分制限(6g/日)
  4. 食事による蛋白制限(中等度以上の場合)
  5. 禁煙