NSメディカル・ヘルスケアサービス

アルコール


〜お酒はおいしく、楽しく、適量に〜

厚生労働省が定義している「節度ある適度な飲酒」は、純アルコール量にして1日20gです(図1)。
60gを超えると「多量飲酒」と呼ばれ、多量飲酒を続けていると、アルコール関連問題(図2)の中で も最も重症であるアルコール依存症に至るケースが多くなります。

図1_図2

アルコール依存症とは、「家族、仕事、趣味などよりも飲酒をはるかに優先させる状態」であり、具体的には
・飲酒のコントロールができない。
・離脱症状(手の震え、発汗、不眠など)がみられる。
・健康問題等の原因が飲酒とわかっていながら断酒ができない。
などの症状が認められます。

今離脱症状がなくても、多量飲酒を続けていると耐性が上がり、アルコールが入っていない状態では脳神経系が正常に機能しない「アルコール依存症」に至る危険があります。一度、新久里浜式アルコール症スクリーニングテストを行い、現在の飲酒を見直してみましょう。
久里浜式アルコール症スクリーニングテスト

ビールが美味しい季節です。適量のお酒は百薬の長と言われていますが、飲み過ぎは心と身体に悪影 響を及ぼします。週1〜2日の休肝日と適量を心がけながら楽しみましょう。